上棟式について


 

 

ここでは、上棟式についてと実際に準備するものや

            流れについてご紹介しています。

 


上棟式とは?

上棟式(じょうとうしき)とは、新築の際に行われる神道の祭祀である。棟上げ(むねあげ)、建前(たてまえ)ともいう。 建物が無事であるよう願って行われるもので、通常、柱・棟・梁などの骨組みが完成した状態で行われる。 祭祀ではあるが、住宅の場合、一般的には神主を呼ばず、棟梁が中心となって儀式を執り行う。 施主は工事の無事と、職人へのねぎらいを伝える貴重な場として、儀式後、直会(なおらい)という宴会を催すのが通例です。



準備するもの

--------《施主様が用意するもの》---------

1.御神酒一升 1本

2.スルメ 3枚

3.洗い米 一合

4.塩 小皿に一杯

5.果物

6.野で採れた物(根菜・葉物)

7.海で採れた物(昆布・魚)

8.振舞い用の細かくした昆布スルメを

         小さいお盆に半紙をしいてのせたもの

9.小餅120個くらい (一升40個)

10.お供え餅3組 (約5合)

11.紅白水引ばらで20本くらい(お金を結ぶ用)

12.5円60枚、50円60枚くらいを

          小餅一個にそれぞれつける

13.ろうそくとろうそく立て

14.小さいお盆2枚に盃多め(振舞い用)

15・お供え物は屋根にあげるので大きめのお盆数枚

16.半紙6枚(ぼんでん用)

17.紅白水切り5本組9本(ぼんでん用)

 



実際の様子


ホームへ